一般事業主行動計画

社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

令和2年4月1日~令和7年3月31日までの5年間

2.内容

目標1
育児、出産、介護休業の取得を促進する。
対策
・共有サーバーを使用し、従業員に周知する。
・会議・研修等を通じて、職場理解を進め、利用取得しやすい風土をつくる。
・育児休業等の申し出に際し、個々の事情に合わせた利用方法の情報を提供し、スムーズに利用できるようにする。
目標2
健康デー(ノー残業デー)や任意休日、年次有給休暇等の取得促進で、所定外労働時間の削減のための措置を実施する。
対策
・毎週水曜日の健康デー(ノー残業デー)の完全導入。
・衛生委員会(本社)から部門別の休日取得率等を公表することを通して、社員の休日取得・振休・代休・年次有給休暇取得促進への啓発を行う。
・上長自らが上記を率先垂範する。
目標3
子供・高齢者等を交通事故から守るための交通安全対策を強化する。
対策
・社内で作成した「新交通安全5則」を活用し、周知啓発の実施。

<新交通安全5則>
1.乗車前に廻りの安全を確認する。
2.前車と4秒間の車間距離を空ける。
3.一時停止は2段階発進する。
4.右左折は、対向車を確認する。
5.駐車場等への出入りは、2段階で。

・会議・研修等で、交通事故の状況を報告し、啓発する。
・毎年一回運転履歴証明書を取得して状況を把握し、安全運転を誇りに感じられる環境づくりを推進する。